査定のポイント

資産運用として不動産を売る際は、まず不動産自体がどれだけの価値を持っているのかを調べる為に査定をすることからはじめます。不動産を購入した価格と売る時の価格では状態や築年数、周辺の価格などが考慮されることになります。相場としてどの価格帯にあるかを見ることが、第一歩となるのです。査定をする時は仲介を利用する際にお世話になる不動産会社に依頼をすることになりますが、どこに依頼をしても同じ価格が出るというわけではありません。むしろ、依頼をする不動産会社によって査定価格に差が出ることもしばしばあり、その単位は100万円ぐらいの幅があることもあります。不動産会社によって査定価格が出てしまう理由は、その会社によって見るポイントが違うことがあるからです。基本的に状態や築年数、周辺の価格を考慮しながら査定が出ますが、不動産会社が取り扱った売買実績や周辺で物件を探している買主の希望も査定に反映されることがあります。査定で物件の価値を把握していく際は、複数の不動産会社で依頼をするようにしていきましょう。 Read Article

価格だけではない

査定をして不動産自体の価値を調べる時は、価格を高くつけてもらったところが一番良いというイメージを持ってしまいがちです。確かに仲介を依頼するなら、少しでも高い価値で不動産を売ることができるところがいいでしょうし、売主にとってもプラスになるからその方がお得に感じることも不思議ではありません。ただ、仲介を依頼する時は価値をつけてくれることが良い不動産会社とイコールしているわけではありません。資産運用としてお世話になる際は、対応や買主となる人の安全性も考慮した上で売買をすることも大切です。査定価格だけに囚われるのではなく、それを参考にした上で信頼できる不動産会社を選ぶようにしていきましょう。 Read Article

買取を選ぶ

不動産というのは売りに出せばすぐに買主が見つかるというものではなく、そのタイミングによって簡単に見つかる場合とそうでない場合があります。特に中古物件市場はたくさんの商品がありますが、買主にとって自由に選択をすることができます。つまり、売主だけの希望が全て通るということばかりではないので、その場合は不動産会社がどれだけ営業をして買主を見つけてくれるかということにかかってきます。ただ、不動産を売る方法は一般の買主を見つけることだけが全てではありません。不動産会社自体に買取をしてもらうことができる場合もあります。不動産会社にとって見込みのある物件であれば買取の提案をしてくれるところもあり、スムーズに売ることができるようになります。買取の場合は相場よりも安くなってしまうこともありますが仲介手数料の費用がかからない部分でお得になる場合もありますし、早く売りたい時に最適な方法として選ばれています。売り出しからある程度の時間が経過してきて、買主が見つからない場合は不動産を売る時の価格を見直すことが必要な時もあります。同じ価格のままで買ってくれる人を見つけるという方法もありますが、なかなか買主が見つからない状態が過ぎてしまうと、その分だけ資産価値が目減りしてしまうことも考えられます。また、売れない物件と言うようなレッテルを貼られてしまうこともあるのでマイナスイメージとなってしまうでしょう。仲介を依頼する不動産会社と相談して価格の見直しをしてから新たに買主を探すことで、価格が下がってお得だと思う買主が見つかる可能性も高まります。上手く値下げや値上げをしていき、資産運用をスムーズに進めていくようにしましょう。 Read Article